akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

回顧録

生来、ばくち打ちなため、最大キャリアに挑んだわけですよ(当然ライバルは宿敵大歳君)。史上最大のトラフィックユーザを持っているのでまさに技術者冥利に尽きる案件であった。VCではなく事業会社(結果としてみんな上場会社になったからがんばっていたら裏上場もできた)からお金を集めて、資本金を一億超(つまり、一年間はプレセールスできる)にして、もちろん、ちゃんとトップなり政治家なりを巻き込んで、投機でなく投資として挑んだわけですよ(従来ならばこれで勝利が決定していた)。結果としてファミリーの壁は厚かった。トップとしてもこの壁をこわしたいという意向があって参戦できたわけですが、この敗北から会社として立ち直れなかったです。技術より政治なんです(アグリゲーションデータベースというものだが残った。これはすごいメタデータベースです)。以降、隠遁生活に逃げ込みました(経営者落伍です)。こんな小職の動向に注目していただけるのはありがたいことですが、まったく意味がなく時間の無駄だと思う。