akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

絡新婦の理

京極夏彦文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)を読んでしまった。氏の小説は長いにもほどがあるので敬遠していたのですが、宮部みゆきが薦めていたので(こればっか)読んでしまった。1300ページ強だよ。文庫本なのにwithout EJBみたいな厚さ。これは持ち歩きたくない。でも小説って家で読みたくないじゃないですか。通勤の往復で読みたいじゃないですか(油断していると赤川次郎は片道で読み終えてしまうが)。で、うん、面白かった。神話って好きなのよ。無駄に長くないのよ。はまってしまいそう。