akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

江青さんの財布がでてきたそうです

よく「東京の人って道を聞いても教えてくれないし冷たいよね」っていう人がいます。私は武蔵野育ちで、高校の時に、はじめて下町っ子をみたわけです(江戸っ子じゃないよ)。「あっ寅さんみたい」なんです。湯島が好きなのもそんな人情があるからです。東京の人はちゃんと道を教えてあげます。教えてくれない人は地方から出てきた人で、知らないと言うと「田舎モン」と思われるので教えてくれないのです。だってこんな大都会で、財布が中身入りで出てきたジャン(すごいこじつけ)。
ちなみに東京に江戸時代の人種差別が残っている地域があります(大阪の動物園のあたりのような)。そこは別よ。
とにかく、財布が出てきて良かった。