akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

頭がいい人、悪い人の話し方(ISBN:4569635458)

の著者である、樋口 裕一氏がテレビで

堀江氏の話し方は、何を訴えたいのかを最初に明確にしてから話し始めるという点で、非常に頭の良い人の話し方と言えること。また、頭の良いことを相手に誇示するために出る挑発的なものの言い方が、若者世代にとって小気味良く聞こえること。それでいて、挑発的なもの言いの後に若干「照れ笑い」を加えることが、年長者にも結構受け入れられる要素になっている

と語ったそうです。共感できないので、カートから削除してしまった。樋口 裕一氏は、頭がいい人なのだろうか。頭の悪い私には理解できないことだけは確かなようである。カートから一冊削除できると寂しいようなほっとするような複雑な気持ちになる。