akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

Water Fall Returns

すでにお気づきの方もいらっしゃると、思いますがサブタイトルを"without UML and EJB"から変更しました。今年のテーマは"Water Fall Returns"です。
ユーザの要求を引き出すことが稚拙なことを棚上げして、「アジャイル」という名のもとにモンタージュ写真を作成するような開発をしていては解決にならないわけです(モンタージュ写真が使えるのはドメインが特定できてからですから)。
ここはひとつまじめにウォータフォールという理想に挑戦してみようと思います(歴史は繰り返す)。
かといって、要件を仕様記述言語で、あいまいさなく記述しようという某証券系システム開発会社のプロジェクトではなく、ましてやCMMIを実践するでもないです。
すでにWater Fallでやっているというあなた、それは本当にWater Fallですか。単に垂れ流しじゃないですか。