akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

スカウトされないコツ、教えますへ

SEOみたいな記事を期待したんだけどな。ひとつだけはっきりしていることがある。この方に人生を託してはいけない。

まずは勤務地。これはスカウトのされやすさでいうと、首都圏、できれば特に東京都にチェックを入れてほしいそうだ。IT企業は東京圏に集中している。スカウトをする企業もその原則どおり東京圏に多い。だから地方に住んでいても、東京圏に引っ越して働くことが可能ならば、東京都にもチェックしておきたい。つまり、東京都以外、特に関東圏以外しかチェックしていない人は、スカウトされる
可能性が低くなる(画面1)。

媚びてどうするのよ。堂々と働きたい場所を書くべきだよ。

平岡氏は、「皆さんドキュメントを読んだ経験があっても、『自信がない』と書いてしまうんですね」と傾向を語る。しかし、その謙虚さが、企業には駄目だと判断される根拠となってしまうようだ。多少でも読めるのであれば、読解力は『技術書が読める』ぐらいのアピールをしてほしい。基本的には辞書を引き引きで構わないとのことで、あまりに謙虚になる必要はないという(画面2)。

背伸びしてどうするのよ。正直に生きようよ。背伸びして達成することもあるとけど、英語が嫌いだから、「自信がない」じゃないの。背伸びして辛い思いをするのは本人だよ。無責任だなぁ。面接官はどのくらいの英語力かは判断できるし、謙虚で言っているかどうかくらいは見破れるよ。
クライアントも愚弄するのはどんなものでしょうか。

キャリアの項目では、職務経歴の記入が大切だ。ここを適当に書いたりする人がいるそうだ。悪い例は、業務概要であれば「一般的なシステム」としか書いていないような場合だ。例えば、「システム開発」や「ERPパッケージ導入」といった記述は、悪い例の典型だ。

適当に書いている人は、本当は転職は望んでいないんだよ。ここに何をしたいかがかけない人まで、売り飛ばそうとするのが無理なの。目的がなんであれ、目的があるから転職するんじゃないのかな。もしかして、商品価値のない失業者を対象にしてスカウトといっているのかな。この方は転職の意味を理解していないようですね。ただ、しょくにありつきたいなら、ここで主張でもいいけど、ある目的があるから転職するだよ。