akon0.98bのよっぱらいの戯言

好客三年不変店 好店三年不変客

生涯一プログラマと窓際族

とある会社のキャリアパスの相談をうけました。キャリアパスとして、コンサルだ、アーキテクトだ、PMと設定してもいつかは現場を離れることになる。解雇しない前提だと、スタッフという名の窓際族になる。
一方、本人が生涯一プログラマを望んでも、採算の観点から、起業なり個人事業主にならないかぎ、社内では、役員になる確率と同じくらい、プログラマでありつづけることはできない。窓際族としてコストとしてしまうくらいなら、採算割れてもプログラマとして雇用するというキャリアパスってありえるよね、キャリアパスより、社外で作業している社員の帰属意識をどのように持たせかというほうが問題だねってところで話は終わったけど、現場を離れた技術者の行く末はひとごとでなく、気になります。教科書的なキャリアパスとしては、コンサルなり、アーキテクトなり、PMとしてサラリーマン人生を終えることになるんでしょうね。