akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

初代SimCityがオープンソースのMicropolisとして復活

SimCityといえば、当時アスキーだった深瀬さんの自己紹介で、はまっているのを聴いた記憶を思い出す。
さて、以前アナウンスされたものがやっと実現したようですね。そういえば、ゲームプログラマになりたくて、機械語を覚えたような気もする。ゲームを作りたいのではなく、ゲームをしたいだけだったとあとで気がつく。当時だったら、喜んで解析しただろうな。シミュレーションのロジックは興味あるけど、■eにこそ読んでほしい。オンゲーム化というか多人数参加型じゃないとプレーする気にもちならないな。だからmyminicityもマイブームにならないのよね。