akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

さらば“日の丸ベンダー”より

最適なITリソースや人的リソースを、国境を越えて最適な場所からダイナミックに調達する「グローバル・ソーシング」に取り組むユーザー企業が増えている(表)。海外拠点のガバナンス強化、機動的な技術者の調達、先進的なパッケージ導入ノウハウの獲得、などが狙いだ。いずれも、国内のリソースしか持たない“日の丸ベンダー”には応えられないニーズである。

たかだか17社の調査だけで、「“日の丸ベンダー”には応えられない」と断定するのは、いかがなものでしょうか。「日の丸ベンダ」の多くは、国外にリソースを確保しています。調査がずさんなので、いたしかたないのですが、外資の売りは確かに「グローバル・ソーシング」なので、もう少しパートナーに外資をとりあげてほしかった。そうすると、タイトルどおり、「さらば“日の丸ベンダー”」となるんですよ。日の丸ベンダもがんばっているけど、外資はもっとすごいぞって記事になるはずです。でも、アウトソースする側としては、嫌なんです。