akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

ソースが仕様です

ソースが設計書というのは、理解できるのですが、「ソースに書かれているので、仕様です」といわれてしまうとこの世の中にバグは存在しなくなるわけです。そのうえで、ローテーションで経理畑からシステム部門に来られた方が、経費削減という視点で情報システムをみると、ドキュメントとテストは、無駄の塊に見えるようです。その結果、ドキュメントの作成を悪みたいになり、「ソースに書かれているので、仕様です」となってしまったようです。
作る側も管理する側もローテーションするので、悪意はなくても、保守に対する意識が希薄になり、当事者がローテーションしたことに、時限爆弾が爆発するわけです。こうなるとソースコード命でパッチワーク文化が築かれ、借金まれになっていくのでした。