akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

滅び行くSIer

大半のSIerが3次下請け禁止」ということですので、受託がやりにくくなります。つまり、SIerの子会社の(契約)社員にならないといけないということです。(偽装)出向というのもありですが、いずれにせよ、コンプライアンスの観点から監査人から指摘されるでしょう。
そうなると、与信とかいろいろな問題があって 1次受けができないSIerは、派遣会社になるしかない。「1次受けができないSIer」は、SIerではないと定義されたら、
それまでですが・・・
一方、派遣期間は「最長3年」なんて規定するから、双方の意向はともかくとして、派遣会社からきた社員を正社員にするなんて、できないわけで、「最長3年の規定」を逃れる手法を編み出しちゃうわけですよ。意図は、3年で正社員にしてあげなさいという親心でしょうが、正社員にできなければ、まじめな企業は再契約しない道を選びますよね。これは派遣労働者にとって、改悪だと考えている点です。
お上は「日本のビル・ゲイツをさがせ」といっているけど、こんな構造で生まれるくるのかなぁ。業界のゼネコン化ですね。