akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

「パフォーマンスが悪いみたい。とりあえずいってみて」

とりあえず、いってみた。悪いのは人間のパフォーマンスでした。「打ち合わせに人が集まらないです」って、あなたが来たのが開始予定の30分後じゃないですか・・・誰も時間通りに集まらなくなりますよ。しかも、パフォーマンスが悪いといって支払い渋るし、お金を払ってこそお客さまなんですが・・・実は、まともに「パフォーマンスが悪い」といわれたのは初めてで、実際に「パフォーマンスが悪い」としても、そのような理由にせず、お見合いの断り文句のように遠まわしに言うのが大人のやり方でしょうに、今回に関しては、かなりのパフォーマンスがでていたのでショックでした。パフォーマンスの計測が難度とか粒度とか考慮せずに、
単に数で計測されるとは・・・、数で計測されると、土日も寝泊りしている方々にはかないません。
一方、使えない人に発注してしまった場合に、いかにその方に円満に仕事を「していただかない」かというケースを見てしまいました。世間は、無能なやつはしばかずに、放置しておくのですね。しかし、PMという立場で、はずされていることに気がつかない無能というか、気がつかない不利をしている厚顔も、さておきても、詳細設計以降はPMの自信がありませんってどんなプロジェクト管理してきたんだ。コンサルじゃあるましいし・・・・ご本人はご自身の能力によって、成功したという経歴を追加するのでしょう。自分もこのように扱われていたケースがあったかもと思うと、背筋が寒いです。こう考えると、「パフォーマンスが悪い」といわれたほうが、二度とご一緒しないと決断できるのでよかったかも。