akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

カツレツ

食材を小麦粉、溶き卵、パン粉などの衣で包み、食用油脂を用いて加熱した料理の日本における呼称。省略形はカツ。かつという平仮名の表記もしばしば用いられる。西洋料理に日本独自のアレンジを加えた洋食の代表的な一品として知られる。豚カツやエビフライなど、〜カツ、〜フライとつくものはほとんどがこの調理法を用いて作られる。フランス料理のCôteletteに由来し、チーズをはさみ込んで揚げたコルドンブルーや、ミラノ風カツレツとして知られるイタリア料理のコトレッタ、ウィーン名物のシュニッツェル、ロシア料理のコトレータなども起源を同じくするとされる料理である。

カツは略語で、フライと同義だったのね。カツとカツレツに違いがあるのかと思って調べしまった。