akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

本当のギムレットを知らないんだね

ロング・グッドバイ」という映画のセリフらしい。みたことないけど。僕は子供なので、ジンは飲まないので、ギムレットにおめにかかることはないのですが。ウォッカギムレットは飲むけどw
ちなみに、この映画には「ギムレットには早すぎる」というセリフもあるらしい。
現在のギムレットのレシピは、ジン3/4、ライムジュース1/4をシェイクして、ショート・カクテルなのですが、ハリー・クラドックが書いたバーテンダーのバイブル「サヴォイ・カクテルブック

サヴォイ・カクテルブック The Savoy Cocktail Book

サヴォイ・カクテルブック The Savoy Cocktail Book

」によると、「バローのプリマスジン1/2、ローズのライムジュース(コーディアル)1/2、ステアしてオンザロック、必要に応じて氷」 というのが、本当のギムレットらしい。
つまり、「かっこつけて、ギムレットなんて飲んでいるけど、本物は甘いカクテルだって知っているかい」いうことなのでしょうか。
で、ローズのコーディアルライムジュースというのがみそ。
http://www.rosesmixers.com/#/products/Lime
このライムジュースが日本では手に入らないことが、話を難しくしている(これが理由ではないかもしれない)。
どうやら、欧米ではギムレットとジン・ライムを明確に区別していないらしい。マジメな日本人が、ローズ社のライムジュース以外を使う場合は、ギムレットと呼んではいけないと自主規制したのだと思う。そんなカクテルがあったなぁ(バカルディ・カクテルだ)。そして、レシピもシェイクからステア、ショートからオンザロックに変えてしまった。違うなぁ。
オリジナルのギムレットに対して、日本で手に入るライムジュースだから配合比率はジン3/4、ライムジュース1/4にしよう。そうしたら、名前もギムレットじゃまずいから、ジン・ライムにしようぜ。日本オリジナルだぜって方が正しいかな。
となると生意気にも日本で「ギムレットオンザロック」と頼んだ場合は、シェイクなんだろうかステアなんだろうか。シェィクだったような記憶がある。
ということで、マイバーでは、ジン・ライムだと生ライムで、ギムレットだと、ジュースらしい。
このあたりは、ゆっくり問いたださないといけないな。