akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

火怨 北の耀星アテルイ

火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)
物部と蝦夷(えみし)は出雲の出であり、アラハバキを信仰していたという仮説が好きです。
この仮説を立てると、先住民対征服者の構図になってわかりやすいんですよね。中央では、出雲人(以前からいた征服者)と日向人(新興の征服者)との和合が進んでいても、少なくともアテルイの時代には、縄文人縄文人として東北に暮らしていた。和合に反発して、飛び出てきた人々なのかもしれない。