akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

「ニッポン」か「にほん」か

お札にNIPPONって印刷しているから、ニッポンが正解かと思ったら、どっちにきめることもできないから、どっちも正解としているのが現状らしい。そもそも、国名を法律で日本とすると定めていないらしい。
で,なんで二通りの発音があるのかを調べてみた。和語の「やまと」に、漢字を当てたときに万葉集 は「日本」として、その音読みが、呉音ではニッポン、漢音ではジッポンであったらしい。で、しだいに促音を発音せず,「ニホン」に変わっていき,併用されてきた。呉音とは、奈良時代に遣隋使らが、長安から漢音を持ち帰る以前に、日本で定着していた漢音。古事記の万葉仮名に使われている。漢音を国際名としてしまったのは、残念です。

「日本」の国号が成立する以前、日本列島には、中国の王朝から「倭国」・「倭」と称される国家ないし民族があった。『日本書紀』は、「ヤマト」の勢力が中心に倭を統一した古代の日本では、漢字の流入と共に「倭」を借字として「ヤマト」と読むようになり、時間と共に「倭」が「大倭」になり「大和」へと変化していく。その後に更に「大和」を「日本」に変更し、これを「ヤマト」と読んだとする[6]が、『旧唐書』など、これを疑う立場もある。

wikipediaより