akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

2016 電子お薬手帳と電子処方箋

薬局では、電子お薬手帳相互閲覧サービスを開始している。
これは、処方せんをスマートフォンで撮影し、画像を薬局に送信する従来の法律に基づいたもの。
http://www.nichiyaku.or.jp/link/

4月から解禁された電子処方箋は、「処方箋の電子的な作成・交付・保存を可能とするe-文書法に基づく省令改正」に対応している。
つまり、医療機関で作成された処方箋は、電子処方箋サーバーから薬局に送られる。
つまり、薬局が導入した電子お薬手帳のシステムが電子処方箋に対応しなければならない。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327441/021200040/?ST=health&P=2

同様に、Welby マイカルテなどのPHRも電子処方箋サーバーに対応しなければならない。
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327441/071200096/?ST=health&P=1
ところが、電子お薬手帳PHRもシステムは存在するのに、肝心の電子処方箋サーバーは実存していない。
医薬の隔たりってやつなんでしょうが、なんてこった。