akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

福岡という街の大きさ

随分、昔の話。Q大プロジェクトのときは、ほぼ毎週、羽田-博多を飛んでいました。そうなると、空港ラウンジをほぼ毎週、使うわけです(使わなくてもいいのですがw)
そうなると、ラウンジの方が
「今野様、そろそろご搭乗のお時間です」と声をかけてくるようになる。
つまり、「飛行機が遅れるから早く出ていけ」
ということなんですが、搭乗券を見せるわけでもなく、顔と名前が一致してしまう福岡の街が好きです。すごいのはたまに、大阪に行く場合でも、追従してくる。ホテルも同様でしたね。
こうゆう街だと、某クレーマが来るときっと地上係員が「VIP到着しました」とやっているに違いない。
こうゆうことは羽田ではまずないわけです。そもそも、搭乗券を見せないと入れてくれないし。