akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

この一冊で義と愛の戦国武将直江兼続がわかる!

この一冊で義と愛の戦国武将直江兼続がわかる!―名参謀の決断と発想法

 

 まとめると、家康は、光成を挑発して関ケ原を仕掛けた。景勝は筋を通していただけ。景勝が天下を狙っていたら、 家康は負けていた。

 

1598年3月、秀吉からの指示で、会津に加増移封。この際に、越後の堀直政は榊原康正に、出羽仙北郡角館の戸沢政盛も家康に、景勝の非を訴える。→徳川方の言い分

1599年3月、津川城代藤田信吉が「上杉景勝謀反」と訴え出る。→徳川方の言い分

1599年9月、三成による蒲生氏郷毒殺のうわさが流れる。→実際は直腸癌。

1600年、神指城築城。

1600年4月、家康、伊奈図書昭綱と河村長門守を会津に派遣し、景勝謀反を究明。西笑承兌から直江兼続に宛てた家康からの詰問状

1600年5月、詰問状に対して直江状

1600年6月、家康会津討伐

1600年7月、三成挙兵し、家康反転、撤退する家康軍を景勝は追撃せず。

1600年7月、関ヶ原の合戦

1600年9月、上杉軍最上義光攻め

1600年10月、上杉軍長谷堂城から撤退

関ヶ原の合戦から長谷堂城から撤退までの期間を見ても、上杉軍は三成とは関係なく、独自に戦っていたと推測できる。