akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

聖徳太子と厩戸皇子

聖徳太子に学ぶ外交

どうする東アジア 聖徳太子に学ぶ外交 (祥伝社新書)

豊田 有恒には期待していなかったが、虚構説を根拠なく一刀両断としているのはどうかと思う。

十七条憲法は官僚のために書かれたもので、民衆のためのものではない。

日本人は議論したつもりになっているとき、それは議論しているわけではなく、談合している。

予定調和のような結論に向けて、話し合い(談合)が続けられているに過ぎない。

仏教導入は民族統一のための手段

タネ本の「斑鳩の白い道のうえに」も読んでみた。エビデンスとしている割には、勝手な解釈をしているので、上原さんには失礼だと思う。

斑鳩の白い道のうえに―聖徳太子論 (講談社学術文庫)