akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

ウォールデン森の生活

 

 

 

 

苫米地理論でいうところの「お金のために働くな」といったところか。

北の国から」とか「里山」みたいなイメージ。

 

訳者は自負しているが「ハックルベリー」を文字通りに翻訳しているので

本当にソローについて理解したのかは疑問だが、読みやすいのは事実。

注が岩谷宏急なのでソローについての研究書といったところか。

 

物質至上主義では幸せにはなれない」

「自分自身を狩る強靭な猟師になろう」

 

 

 

最も裕福な時に、心は最も貧しく見える。

余分な富を持つと、余分な物しか購入しない。

魂が必要とするものに、金銭は必要ない。

物事は変わる事がない。変わるのは人間である。

人が家を所有するのではなく、家が人を所有してしまうのである。

腐った善から発する悪臭ほど、いやなものはない。

哲学教授はいるが、哲人はいない。

屋根裏部屋のガラクタを競売に掛け、それを買った人は、再度ガラクタを屋根裏部屋に入れる。

ものを沢山持てば持つほど、それだけ貧乏になる。

王冠を買う金がないから、世の中が暮らしにくいと不平を言う。

 

 

http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/34806/rki031-01-toyota.pdf