akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

地球の論点 現実的な環境主義者のマニフェスト

 

人間は都市に集約させて効率的なエネルギー配分などを心がける。

二酸化炭素(他と比較した場合に)出さず効率的なエネルギー源である原子力を活用する。

遺伝子組換えを積極的に行うことで効率的な食料生産を行う。

 

自然交配が安全とは一概には言えない。

 

Bt(バチルス・チューリンゲンシス)作物

Btとは、ふつうは地中によくいるバクテリアで、殺虫剤を必要とする虫たちに致命的な毒性を発揮する。

このBtバクテリアの遺伝子を作物に組み込むと、殺虫剤いらずのBt作物ができる。

 

グリーンケミストリーの12原則
https://eleminist.com/article/1934

1:可能な限り廃棄物を出さない
廃棄物が出てから処理や清浄化を意識するのではなく、そもそも廃棄物を出さないように努力する。

2:アトムエコノミー
無駄が出ないよう、化学物質を最大限まで活用する合成法を全プロセスで設計する。

3:危険性の低い化学合成
人体と環境への影響を軽減できる物質を使用する、またはそのような合成法を設計する。

4:高い安全性を持つ化学物質の設計
化学物質の合成では、目的機能の達成とともに毒性を最小限にする設計をおこなう。

5:使用する補助剤の安全性
補助剤(溶媒・分離剤など)を使用する場合は無毒化する。可能であれば使用しない。

6:エネルギー効率の考慮
化学プロセスでのエネルギー効率が、環境・経済にどのような影響を及ぼすか考慮し、最小限にする。可能であれば常温の大気圧下で合成する。

7:再生物質の利用
技術的・経済的に可能であれば、再生物質の原材料・材料を使用する。資源枯渇が考えられる物質よりも優先する。

8:化学修飾の低減
不要と考えられる化学修飾は可能な限り最小限に、または回避する。化学修飾は試薬の追加使用や廃棄試薬を増やしてしまう。

9:触媒反応を利用する
慎重に選択した製品を触媒とする場合、試薬よりも適している。

10:生分解をデザインに取り入れる
最終合成工程の段階で、化学物質が環境に残らない無毒の生分解物質になるデザインで使用する。

11:リアルタイム分析による汚染防止
リアルタイム分析とインプロセスの監視により、生成前の段階で有害物質を管理できる。分析手法の開発を進めるべきである。

12:安全性の高い化学物質からの選択
化学物質は化学合成過程で事故が起き得る。事故の発生を最小限にできるよう、安全性の高い化学物質を選択する。

 

https://blogs.itmedia.co.jp/naichi/2011/06/post-bd11.html

 

https://1000ya.isis.ne.jp/1456.html