akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

「複雑系」を超えて―システムを永久進化させる9つの法則

 

原書タイトルは"OUT OF CONTROL"改題したと明記しているのは評価できる。しかし、システムを永久進化させる9つの法則」とサブタイトルをつけておいて、対応するのが「神の九つの法則」というのはひどい(これに対応しているかどうかも定かではない)
 

作られたものと生まれたものを区別せずヴィヴィシステム(生命的システム)

ヴィヴィシステムの特徴

中央による強力なコントロールの欠如

サブユニットの自律的性格

サブユニット間の高度な相互接続

対等者どうしが相互に影響を及ぼし合う、複雑に入り組んだ非線形の因果関係

 

分散型システムの長所と短所

群れシステムの長所

適応できる

進化できる

弾力的

限界がない

新しいものを生み出す

 

群れシステムの短所

最適化できない

コントロールできない

予測できない

理解できない

時間がかかる

 

ブルックスの教訓

・一つ一つ積み上げていく構造→複雑なものを一挙に与えるのではなく、成長させる。

・センサとアクチュエータとの緊密な結合→思考ではなく、反射

・独立したモジュールの層→システムを独立可能なサブユニットに分解する

・中枢を欠いたコントロール→中央による計画を行わない

・疎らなコミュニケーション→信号線ではなく、外界に生じた結果を注視する。

 

バイオスフィア原理

・仕事の大部分は微生物によって行われる。

・土は生物である。土は生きており、呼吸している。

・食物網には冗長性を取り入れること

・多様性を徐々に高めていくこと。

・物理的に機能を提供できない場合はシミュレーションが必要

・空気がシステム全体の状態を教えてくれる。

・系に耳を傾けよ。系がどこへ進みたがっているかを見よ。

 

ネットワーク企業

・分散

・非集中

・協調

・適応

 

創造的ネットワーク経済の性格

・コアの分散

・適応型テクノロジー

・フレックス・マニュファクチャリング

・マス・カスタマイゼーション

・産業生態系

・グローバルな収支計算

・共進化する顧客

・知識

・無料の帯域

・収穫逓増

・デジタル・マネー

・裏世界の経済

 

暗号による無政府状態

 

コックスのオブジェクト指向

 

JEIDAの超流通

http://sda.k.tsukuba-tech.ac.jp/masaji/paper/9605/jisa.html

 

 

生物が環境の変化に反応するときの可塑性

・形態的可塑性→一つの生物が複数の形態をとる

・生理学的適応性→ストレスに適応して細胞が変化する

・行動の柔軟性→新しいことを始めたり、移動したりする

・知的選択→過去の経験に基づいて選択を行う。

・慣習による手引き→他者の経験から影響を受けたり、教えられたりする。

 

ポストダーウィニアン

・共生→別々になった系統を収束させる情報交換の容易さ

・定向突然変異→環境から直接的な働きかけを伴う、ランダムでない突然変異と交差のメカニズム

・跳躍進化→機能のクラスタ化、コントロールの階層構造、構成要素のモジュール化、クラスタ全体を一気に変化させる適応プロセス

・自己組織化→特定の形態へと向かうバイアスを持ち、勢力を拡大して標準となるような発達。

 

進化の進化の七つの法則→ハイパー進化の趨勢

・不可逆性

・複雑性・多様性の増大

個体数の増加

特殊化・相互依存化の進行

進化能力の増大

 

神の九つの法則

存在を分散せよ

ボトムアップ方式でコントロールせよ

収穫が増加するように耕せ

塊にして成長させよ

周縁を極大化せよ

自らの誤りを尊重せよ

最適条件を追求するな→多数のゴールを設定せよ

持続的な非均衡状態を追求せよ

変化は自ら変化する

 

・自己増殖するプログラム

・触媒作用を持つ合成化学

・自分で構造化するロボット