akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 

 

トルコやイランが親日なのは、日露戦争によってロシアの圧迫が緩んだからではなく、
トルコは1890年のエルトゥールル号事件、イランは1953年の日章丸事件がきっかけではないのか。

などなどいろいろ疑義あり。

そもそも、数珠つなぎにして「一つのストーリー」にしているそうなんだがどんなストーリーなのか理解できなかった。特に以下には何の流れもない。ただ、ページが続いているだけ。これをストーリーとは言わない。

百年戦争からオリエント文明

オスマン朝からインダス文明

ムガル帝国から黄河文明

 

 

以下にストーリではなくストリームをまとめておく。

ヨーロッパ→エーゲ文明

 

中東→オリエント文明

アッシュルが、メソポタミア、エジプト、シリア、パレスチナをオリエント統一王朝とした。

一度、エジプト、リディア、メソポタミア新バビロニア、イランのメディアに分裂し、アケメネス朝ペルシアとして統一

アレクサンドロスセレウコス朝→パルティア→ササン朝ペルシア

 

西のビザンツ帝国(共和制ローマ帝政ローマ)と東のササン朝

ウマイヤ朝が倒れてアッバース朝が成立

アッバース朝からファーティマ朝ブワイフ朝が独立

セルジューク朝ブワイフ朝を倒す

 

第一次世界大戦で、敗れたオスマン帝国は解体され、トルコ人独立戦争を起こし、トルコ共和国を建国した。

 

インド

インダス文明をつくっていたドラヴィダ系民族はアーリヤ人に押し出されて、南インドに。

 

中国

長江文明+黄河文明