akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

生物に学ぶ技術の図鑑 生物模倣技術<バイオミメティクス>の知恵

 

バイオミメティクスは興味深い。

本書で採り上げられていないもので以下のようなものがある。

カメレオンの舌→ロボットハンド

ハリセンボン→丈夫でしなやかな超撥水材料

クジラのヒレ構造→スピーカーのダクト

ハエの脚裏→接着と分離を繰り返せる構造

マンボウ→BWB型旅客機の構造設計

ウツボカズラ→鳥の糞も滑り落ちる水性コーティング剤

ムール貝→フッ素樹脂にも強固に接着できる粘着テープ

 

 

目次

 

1章 身近な製品
もととなった生物 製品などの事例
チョウのはね→せんぷう機
イルカの尾びれ→洗濯機
ハスの葉→容器のふた
オナモミの実→面ファスナー
ヤモリのあし→粘着テープ
蚊の吸血→注射・採血針
ガの複眼→フィルム
鳥の翼→室外機
アマツバメの翼→ドライヤー
ネコの舌→掃除機
トンボのはね→空気清浄機(静かな風)
テントウムシのはね→空気清浄機(力強い風)
ヒマワリ→ドラム式洗濯機
ホタテ→冷蔵庫
キノコのかさ→ふとん乾燥機
カイメン→洗浄用スポンジ
イネの葉→レインウェア
皮の構造→人工皮革
ハムシ→手袋
2章 乗りもの
もととなった生物 製品などの事例
カワセミ→新幹線500系
フクロウ→パンダグラフ
ミツバチの巣→新幹線の床
カモノハシ→新幹線700系
マグロ→船底にぬる塗料
カジキマグロ→自動車のパーツ
ノウサンゴ→球体のタイヤ
イルカ→漁業用ソナー
魚の群れ→ロボットカー
生物模倣コラム
鳥のように空を飛びたい リリエンタール
3章 スポーツ
もととなった生物 製品などの事例
サメの肌→競泳用の水着
キツツキ→首元の器具
生物の構造→テニスラケット
水辺の生きもの→カヌー
生物模倣コラム
ハニカム構造になっている ゴールネット
4章 素材
もととなった生物 製品などの事例
クモの糸→人工たんぱく質
ハダカデバネズミ→抗ガン剤
ホタル→ケミカルライト
モルフォチョウ→構造発色繊維
アワビの殻→宇宙船の外壁
生物模倣コラム
絹糸をマネして生まれた? ナイロン
5章 たてもの
もととなった生物 製品などの事例
タツムリの殻→家の壁(タイル)
シロアリの巣→大型ビル
フナクイムシ→シールド工法
カイロウドウケツ→光ファイバー
カミキリムシ→チェーンソー
生物模倣コラム
ハスの葉のように水を弾く 超撥水型枠
6章 ロボット
カンガルー→(カンガルー型)ロボット
トンボ→(トンボ型)ロボット
魚→(魚型)ロボット
ハチ→(ハチ型)ロボット
サンショウウオ→(サンショウウオ型)ロボット
ヘビ→(ヘビ型)ロボット
ミミズ→(ミミズ型)ロボット
アメンボ→(アメンボ型)ロボット
ゾウの鼻→(ゾウの鼻型)ロボット
タツムリ→(カタツムリ型)ロボット
ヒト→(ヒト型)ロボット