akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

NOISE 組織はなぜ判断を誤るのか

 

 

判断のあるところにノイズがある。

ノイズとは望ましくない判断のばらつき。

 

平均二乗誤差(MSE)で表したエラーはがバイアス(平均誤差)とシステムノイズに分解される。

システムノイズはレベルノイズとパターンノイズに分解される。

パターンノイズが安定したパターンノイズと一過性の機会ノイズに分解される。

 

 

  1. 判断の目標は正確性であって,自己表現ではない
  2. 統計的に考える
  3. 判断を構造化する
  4. 直感は最後に一度だけ
  5. 複数の独立した判断を統合する
  6. 評価は基準に対する相対的な尺度で

ノイズを減らすための「判断ハイジーン(衛生管理)」の原則

原則1:判断の目標は正確性であって自己表現ではない
 最初は、様々なアイディアがあって、多様性があってよいが、最終的に何かを判断、選択するときは、自己表現はノイズになるだけ。アルゴリズムかルールの導入の方がよい。

 

原則2:統計的視点を取り入れ統計的に考えるようにする
因果関係思考で、目の前のケースのみに着目しない。統計的視点をもつこと。

 

原則3:判断を構造化し独立したタスクに分解する
構造化するというのは、大きな問題を小さな部分問題に分割して考えること。のちに逆方向に統合する。細分化した項目を互いに独立して評価し、後に統合する。

 

原則4:早い段階で直感を働かせない
直感で、「これでよし」としてしまうと、判断者がそれ以上の検討をしなくなってしまう。


原則5:複数の判断者による独立した判断を統合する
カスケード効果や集団の二極化をさけるために、それぞれの個人は独立して判断し、後に統合する。

 

原則6:相対的な判断を行い相対的な尺度を使う
相対的判断の方が、絶対的判断よりノイズは小さくなる。

 

https://shorebird.hatenablog.com/entry/2022/02/13/111006