akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

認定制度

いよいよさけてとおれないと各委員がはらをくくりはじめました。にわとりとたまごで、誰が最初に認定するか、その認定された人が認定した人に認定されなかったらどうなっちゃうのかというややこしいことは置いておいて。
とはいえ、ほとんど委員がそのまま認定委員になる気が救いです。認定委員になりたがっているのは、ぎとぎとした人材会社だったりするので役所的にはわれわれに押し付けたいようですが。
でも、グローバルでないとだめってへんだよ。グローバルっていっているのは日本人だけじゃないかなぁ