akon0.98bのよっぱらいの戯言

好客三年不変店 好店三年不変客

サピエンス全史をどう読むか

 

『サピエンス全史』をどう読むか

『サピエンス全史』をどう読むか

  • 発売日: 2017/11/27
  • メディア: 単行本
 

 

最初の人類がオーストラリアに到達した際に、オーストラリアにいた大型動物の90%以上を絶滅させた。

最初の人類がアメリカに到達した際に、アメリカにいた大型動物の70%以上を絶滅させた。

過去にこの惑星の地上で生きる哺乳類の50%を絶滅させてきた。

 

作物が人間を家畜化したのであって、人間が作物を家畜化したのではない。

狩猟採集時代の方が豊富な栄養を摂取していた。

平等で貧困もなく感染病も良好性の病気もなかった。

 

チンパンジーは訓練すると「これは何色か」をこたえられるが、

「赤色のものを持ってくる」といった訓練されていない逆のことができない。

 

ネアンデルタール人とは基本的には交配できない。

一方でヨーロッパやアジア人の遺伝子の4%がネアンデルタール人の祖先に由来している。

ネアンデルタール人の遺伝子が何らかの問題を起こしたため、自然選択により絶滅した可能性がある。

つまり、この4%が我々に何らかの影響を及ぼしている。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/101000384/

 

 

未来を予知するために育まれたロジックがロゴス(万物の流転のあいだに存する、調和・統一ある理性法則)。

自然の中から何らかの関係性や法則性を抽出してくる能力がある種のフィクションと虚構を作った。

そうしたなか、虚構の中でもある種の虚構だけがだんだんドミナント(最も優勢なもの)になった。

風土と環境の制限という偶然によって、ヨーロッパ的なフィクションの在り方が

ドミナントになっていった。

 

ネアンデルタール人など、人間以外の人類が滅んだので化石人類と呼ばれている。
つまり、現在まで生き永らえている現生人類はサピエンスだけだと考えられている。
しかし、未確認人類のアルマス、エブゴゴなどの非サピエンスの現生人類がいるかもしれないと暗示している。

 

人類の歴史を狩猟採取、農耕時代、近代に区分すると、狩猟採取時代が全体の95%以上を占める。

 

認知革命→農業革命→科学革命→ヒューマニズム(人間至上主義)

飢饉、疫病、戦争の撲滅→不死、至福、神格

 

 ===

『サピエンス全史』を楽しむためのブックガイド

『銃 病原菌 鉄』『身ぶりと言葉』『ビッグ ヒストリー入門』『負債論』『人類がたどってきた道』『暴力はどこからきたか』『暴力の人類史』『人類史のなかの定住革命』『森は考える』『カイエ ソバージュ』『猿と女とサイボーグ』『ダーウィンの遺産』『理不尽な進化』『生物圏の形而上学』『動物のいのち』『動物的 人間的』『動的平衡』『歴史を変えた気候大変動』『歴史の研究』『現象としての人間』『スラムの惑星』『人工知能と経済の未来』

成功はゴミ箱の中に

 

 

 

 


フライドポテト&オニオン協会の3分揚げて一度冷まして改めて1分揚げる
より、
イギリスの三つ星シェフ、ヘスト ン・ブルメンタールの「三段階に調理したフライドポテト」Triple Cooked Chipsのほうがおいしそう。

1.茹でてから冷ます
2.低温で揚げてから冷ます
3.高温で揚げる
https://note.com/travelingfoodlab/n/n7e3258785e11

人間の本性を考える

 

人間の本性を考える  ~心は「空白の石版」か (上) (NHKブックス)

人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (上) (NHKブックス)

 
人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (下) (NHKブックス)

人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (下) (NHKブックス)

 
人間の本性を考える  ~心は「空白の石版」か (中) (NHKブックス)

人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (中) (NHKブックス)

 

 

心は「空白の石板(ブランク・スレート)」か

人の本性は遺伝か環境の二項対立か。

人間の本性

 

ブランク・スレート(空白の石版)」=人間の心は白紙で、社会や自身が思いのまま書き込める=人間本性論

高貴な野蛮人=白紙状態の人間は無私・無欲・温和な心安らかな存在であり、貪欲さや不安・暴力は文明の産物。

機械の中の幽霊=精神と身体は分離しており、行動は精神によって自由に選ばれる。

 

ゆらぐ公式理論

霊長類学者は、人類に固有と考えられていた多数の複雑な能力(概念・空間感覚・道具の使用・嫉妬・親としての愛情・互恵的関係・仲裁・性差、等)を他の動物も持っている事を発見した。

→心はもはや、文化によってつくられる、無定形の塊ではない。

 

フランシス・クリックは「DNAに魂はあるか」で

思考や感情、喜びや苦しみ、夢や希望のすべてが脳の生理的な活動にあるとした。

 

生物学と文化をつなぐ最初の架け橋は心の科学、すなわち認知科学である。

 

認知革命の五つのアイディア

・心の世界は、情報、計算、フィードバックという概念によって物理的なせかいにもとづかせることができる。

・心はブランクスレートではありえない。ブランクスレートは何もしないからだ。

・無限範囲の行動は、心の有限の組み合わせプログラムから生じうる。

・諸文化の表面的な多様さの根底に、普遍的な心の機構が存在する可能性がある。

・心は相互作用する多数のパーツから構成される複雑なシステムである。

 

複雑な人間本性が存在する可能性を疑わるもの

・ヒトゲノム・プロジェクトの成果→遺伝子の数が少ない

ニューラルネット

コネクショニズム(人工知能研究においてニューラルネットワークモデルに基づいた知能体を実現・実装する立場)の限界

-種類と個との区別

-量化(変数の束縛)

-合成性

-再帰性

-ファジーな推論ではなくカテゴリー的な推論をする能力

・胎児期や乳幼児期における脳の発達

ブランク・スレートは可塑(プラスティック)のあるスレート

 

 

文化と遺伝子の関係

文化は人々の発見によって蓄積されていく。

したがって様々な異なる文化は遺伝子の種類の違いによるものではない。

不定形の心に形を刻印するわけでもない。

複雑な人間本性が存在する可能性を疑わせる科学的成果(ブランクスレートの抵抗)

ヒトゲノム・プロジェクト

ニューラルネットワークのコンピュータモデル

神経可塑性

→最新の科学を使った砦。しかし実体のない思い違いであり、複雑な人間本性は存在する。

 

政治的要請

政治的にブランクスレートが支持される。それらは道徳的要請からでてきたものである。

人間の本性とどう対峙するか

人間本性がこれからさらに説明されていくに伴い、その知識をどうやって扱っていくか。

 

人間の本性に関する懸念は次の四つの恐怖に要約できる

・もし人々に生まれつきの差異があるならば、迫害や差別が正当化されるのではないか

・もし人々が生まれつき不道徳であるならば、人間の条件を改善するという望みはむなしくなるのではないか

・もし人々が生物現象の所産であるなら、自由意志は神話になり、人の自分の行動の責任を取らせることができなくなるのではないか

・もし人々が生物現象の所産であるなら、人生には高尚な意味や目的が何もないという事になるのではないか

 

行動遺伝学の3原則

第1原則 ヒトの行動特性はすべて遺伝的である

第2原則 同じ家族で育てられた影響は遺伝子の影響より小さい

第3原則 複雑なヒトの行動特性のばらつきのかなりの部分が遺伝子や家族では説明できない

 

行動遺伝学はこころを「遺伝+共有環境+非共有環境」で説明する。共有環境は「家族が共有し、家族のメンバーに類似性をもたらす」環境のことで、一般的には子育てだとされる。非共有環境は「家族で共有せず一人ひとりを独自にさせる」環境で、遺伝とともに個性(一人ひとりのちがい)を生み出す。

月光ゲーム

 

月光ゲーム 江神シリーズ (創元推理文庫)
 

 

グルジェフというロシアの思想家が書いた「ベルゼバブの孫への話」という大長編妄想物語で、「私達が事実を事実として認識しないための装置(器官)であるという意味です。 クンダバッファの作用とは次のようなものです。 たとえばこの世で、自分が認めたくないことが発生します。「都合の悪いことは認めない」という自我を培養させる発明(クンダバッファ)を生み出したのでしょう」という妄想に続きます。

 

https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/93c966f91e8d9bfe75635b2ff6b948da#:~:text=%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A1%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E7%A7%81,%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E7%99%BA%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

バイオタイド理論とは、アメリカ人の精神科医アーノルド・L・リーバーが1984年に出版した「月の魔力」で提唱した 「月の満ち欠けが、人間の行動や感情などに何らかの影響を与えている」

参鶏湯スープカレー

参鶏湯素麺に次いで、参鶏湯ラーメン(鶏はサラダチキン)

コストを考えなければありだな。もっと濃厚にしたい。

 

鳥一代参鶏湯でつくったカレーが忘れられず、

カレーもつくってみたが、鳥一代の参鶏湯にはかなわない。

だが、

 

スープカレーとしてはありだったのメモ

参鶏湯の素(S&B)を煮立てて、サラダチキンとカレールウ(S&B ゴールデンカレー バリ辛)を突っ込み弱火で煮込んで終了。

野菜の素揚げがあれば完璧だった。

 

 

ついでに、サッポロ一番塩らーめん」に味噌を足して、サッポロ一番味噌らーめん」もやってみた。

僕は冷たいご飯にサッポロ一番味噌らーめん」をのせて食べるのがすきなので、こんなちゃんとした味噌ラーメンではなく、サッポロ一番味噌らーめん」の野卑な粉末味噌がいいんです。

解読 ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』

 

 

学生の時に読みたかった。こんな講義があったなら聞きたかった。

 

プロテスタンティズムの倫理が資本主義の精神を生み出したと言っているけれども、その説明は、うまくいっているのかどうか。私の考えでは、『プロ倫』理解の通説は誤りである。プロテスタンティズムの「倫理」とプロテスタンティズムの「天職倫理」のあいだには、断絶がある。」

あれだけのページ数をたったこれだけにまとめてくれた。

 

「フランクリンの十三徳」が資本主義の精神を体現している。

節制 頭や体が鈍くなるほど食べないこと。はめをはずすほどお酒を飲まないこと。

沈黙 他人あるいは自分に利益にならないことは話さないこと。よけいな無駄話はしないこと。

規律 自分の持ち物はすべて置き場所を決めておくこと。仕事は、それぞれ時間を決めて行うこと。

決断 なすべきことをやろうと決心すること。決心したことは、必ずやり遂げること。

節約 他人や自分に役立つことにのみお金を使うこと。すなわち無駄遣いはしないこと。

勤勉 時間を無駄にしないこと。いつも有益なことに時間を使うこと。無益な行動をすべてやめること。

誠実 だまして人に害を与えないこと。清く正しく思考すること。口にする言葉も、また同じ。

正義 不正なことを行い、あるいは、自分の義務であることをやらないで、他人に損害を与えないこと。

中庸 何事も極端でないこと。たとえ相手に不正を受け激怒するに値すると思っても、がまんしたほうがよいときはがまんすること。

清潔 身体、衣服、住居を不潔にしないこと。

冷静 つまらないこと、ありがちな事故、避けられない事故などに心を取り乱さないこと。

純潔 性的営みは、健康のためか、子供を作るためにのみすること。性におぼれ、なまけものになったり、自分や他人の平和な生活を乱したり、信用をなくしたりしないこと。

謙譲 イエスおよびソクラテスを見習うこと。

 

 

資本主義システムは「鉄の檻(ゲホイゼ)」である。

第一段階:人々はなにかを目標として、自発的に実践する

第二段階:その結果として、当初意図していなかった社会的ネットワークが形成されていく

第三段階:人々がその自発的な生活を続けていくためには、このネットワークに保護されながらも、それがもたらす生活のパタン化に耐える必要がある。

第四段階:ところが人々はが当初めざしていた目標は、意味を失ってしまう。するとネットワークは生命を失って形骸化する一方で、このネットワークから逃れることは難しくなる。ネットワークは化石化した機械のようになる。それでも人々は、そのなかで暮らした方が居心地が良いと感じる。

第五段階:人々は、この化石化したネットワークの中で、家畜のように手なずけられ、

型にはめられ、精神性を発揮できなくなる。

 

では、このネットワークの中でどのような精神性を発揮できるか

1.新しい預言者が現れるかもしれないので、その人が現れたら、その人に従ってこの社会を変革していく

2.初期のプロテスタンティズムの生活に立ち戻ってみる。つまり、禁欲的に働きながら、

稼いだお金を使わず、慈善団体に寄付し、質素で勤勉な生活を続ける。

3.つまらない人間と思われるかもしれないが、この資本主義社会の中で、それなりの地位と職を得て、安定した収入を得ながら、そこそこ楽しい生活をする。

4.一定の職と地位を得つつ、その役職に求められる仕事量をはるかに超えた実践によって(官職カリスマとなって)この資本主義社会を変革していく

5.やがて没落していく資本主義社会の現実に耐えながらも、以前の騎士階級の人たちが示したような、高貴な精神性を示す。