akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

なぜ長時間労働を憎むか

食事をあたえないモルモットより、睡眠をあたえないモルモットのほうが早死にするという、実験結果があるように睡眠は重要である。もちろん、長時間労働イコール睡眠不足とはなるとは限らないし、太く短くも生き方だから異論を唱える気はない。が、睡眠不足の方はイライラしていて迷惑であり、なにより集中力が落ちて結果として仕事が進まないから、長時間労働してしまうという悪循環が嫌いなのである。生産性が低下するどころか、マイナスになるのが嫌いなのである。本人だけがすげー働いたと成果を顧慮せずに自己満足してもらって困るのである。
この議論とは違うのかもしれないが、脳は直接疲労を感じることができず、たとえば、運動したということを五感で感じた結果、疲れたに違いないと脳は理解して、では休もうかとなるというメカニズムらしいので、ディスクワークだと肉体的疲労が脳として認識できないので、脳が休まないという危険な状況になる。