akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

組織における人材教育

個人個人に目を移しがちであるが、単に個人のスキルを向上させるだけでは人材育成機関となってしまい、人材は流出するだけであろう。抽象的だが以下のように考えてみた。
経験しなければ知を得れないこともある。そして、暗黙知形式知に変換しなければ、普遍にならず、反省できないから向上できない。リファクタリングは、形式知に変換してあるからできるのであって、頭のなかのパターンはリファクタリングできない。この変換によって自らの経験を反省できるので、より経験が磨かれる。 さらに、個人の知を形式知に変換すると組織の知になる。 組織の知に変換されれば、組織の知のインフラが高まる。 組織の知のインフラが高まれば高まるほど、そこに働く個人の知の創造を刺激するというシナジーが生まれる。