akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

高知の山奥に祖先の墓がありました

そろそろ記憶が薄れつつあるので、子供たちのために記録しておく。
いいつたえによれば、関が原で敗走し、四国にわたり、
#その記念の門があるらしいが、まゆつばだと思っている。
#が、菩提寺本願寺(東西の区別がついていないW)なので、本当かも。
高知に山を所有していたが、すべて祖祖母が競馬ですってしまった(ここは事実)。逆に言えば、競馬につぎこむくらいの二束三文な山だった。小河家は分家に当たり、こちらはばくちをしないので裕福。その山奥に墓があり、山は人手に渡ったので、分骨して、東京(後に昭和天皇が眠られているところ)にもってきた。直系の子孫は、薬剤師会元会長で、男子はいないので、つぎの墓守は未定。