akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

手づかみは下品とされているが、握り飯は手づかみだ。

ねこままんシリーズの続編です。以前、蕎麦は屋台出身だから、ずるずる音を立てても良いという結論をだした。
握り寿司も屋台出身なので、手づかみで食べるのがマナー。で、世界の40%は手で直接ものを掴んで食べているらしい。
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~ioku/foodsite/hashi/sandaisyokusahou.html
インド人がカレーを手で食べること有名ですが、ヨーロッパも17世紀末にパスタが流行するまで、手食だったらしい。フィンガーボウルは手食だったころの名残り。日本では「魏志倭人伝」に「倭人は手食する」との記述があり、奈良時代に中国より箸が伝来するまでは手食だったらしい。
そして、幼児が手づかみで食べることは、「食べ物を目で確かめて、手指でつかんで、口まで運び口に入れるという目と手と口の協調運動であり、摂食機能の発達」のため、とくに推奨されているらしい。