akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

廃仏毀釈、正確に神仏分離

日本史でわからないのは、民が宗旨がえするのはまだしも王家が征服されたわけでもなく、宗教を変えることです。
で、王朝が変わっているのではないかという仮説を立てて調べてみた。
日本史上、廃仏毀釈が行われたのは、二度。このころに王朝がかわったのでないかと調べると、いずれも素性が怪しい継体と光格がでてくる。明治天皇についておいておいて。
継体は5世の子孫だし、 光格は宮さんの六男。東山天皇の孫であるものの、先代後桃園天皇とも、先々代桃園天皇とも血はつながっていない。縁もゆかりも無ければ、宗教も違いますよね。でも、廃仏ということは、逆に言えば、それまでは神道でなかったということ。興味深い。