akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

陸稲と水稲

苗を農家に売るとはJAの利権だからなぁ。
という話はおいておいて、古来日本で作ってきた陸稲には欠点かあり、大陸から来た水稲に乗り換えたという歴史がある。

ここでの話が、水稲を畑で育てるということなら、従来の品種による欠点は問題にならないかもしれないが、
水量管理が面倒になる→IoTが解決するということだろう
日照と温度管理が面倒になる→ビニールハウスにしたら、コスト増だぞ
肥料は多く必要になる。→ここが気になる。

単にコマツが整地した田んぼに種を直播するという話であれば、
発芽率の低下→種だから仕方ない
鳥害→ネット張るか
雑草との競合→農薬散布する気か
みたいなところが重要で、肥料も多く使い、農薬も多く使うなら、
農協が協力してくれるという話も分かる。