akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

Webで使える無料のオフィスソフト

ソースネクストが、Web上で使えるオフィススイート「ThinkFree てがるオフィス」を発表した。利用料は無料。
文書作成、表計算、プレゼンテーションが提供され、Googleと異なり、MicrosoftのOfficeと互換性があるらしい。いいなぁと思ったのは、1GBのストレージが提供され、他のユーザーとファイルの共有などができること。もっともセキュリティ対策で使わさせてもらえなそうですが。
携帯電話編集ソフトも無料でバージョンアップすることにしたようだけど、このモデルでやっていけるのかしら。
1980円と価格を統一したのは、100円ショップのビジネスモデルにしたかったのであろう。つまり、ボリュームディスカウントして仕入れるわけですね。そして、1,980円という値付けは、高いと売れず、逆にり安くすると販売マージンがなくなるという、コンビニなどの店頭における、ぎりぎり金額であると物流コンサルタントに聞いたことがある。
ここまでは、理解できる。しかし、MSなどのバージョンアップ商法を捨ててしまうのは、自社開発しない強みで、かつ、まだ多くの「優秀な」ソフトウェアが埋もれており、それを発掘していけばよいと考えているのだろうか。それぞれのセグメントに対して、キラーアプリとはならなくてもそれなりのソフトウェアは埋もれている可能性は否定しない。しかし、セグメントの数は多くないと思うのは、私だけであろうか。
それとも、ある日突然、有償と豹変するのであろうか。いままで無料でしておいて、有料にして顧客(信用)を失うパターンにならなければよいのだが・・・