akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

面接

最終的には不義理をしてしまった方が、企業としての信用力(大規模案件の応札資格)を得るために公開したら
ねたみを買ってかえって信用力はなくなり、社員はゴールだと思い、会社が回らなくなってしまったそうである。
#このあたりは経験的に警告したんだけどね
でも、彼の非凡なところは、また一からやりなおすことができることですね。

ジョエルの面接もあれだけど、この方の面接手法。
最初に「夢は何か」と聞く。
次に「それは何年後に実現できるか」と聞く。
さらに「1/3の期間で実現するには何が必要か」と聞く。
そして、最後に「では、今年何をするのか。それが当社で働くことと合致するか」
・・・

しかし、周りは高打率で公開を果たして、みんな経営者だったんだなぁと感心しています。