akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

OSSを言い訳にしないで

OSSについてスタンスを明確にしたことがないからかも知れないけど、「コウモリ」扱いされています。Unixのソースを読まされた(読まないと仕事にならなかった)旧世代((c)酒匂さん)としては、さらに元Smalltalkerとしては、OSSは日常であり、なんで宣言しなければならないのかわからないのです。もちろん、「OSSはじめました」「OSSやっています」みたいな宣伝は理解できます。「OSSのサポートビジネスで儲けます」も理解できます。でも、「OSSなんで責任持ちません」でビジネスしないでよね。OSSをもってきておいて、「修正するかどうかはコミュニティしだいです」はないだろう。もってきたんだから、責任もって修正したバージョンを提供してよ。不具合をOSSのせいにしないで(OSSを出汁にしたうまい使い方だと感心はしたけどね)。それだったら、ベンダにスペシャルバージョンの開発を頼むよ。タダだから、OSSを選ぶんじゃない。品質と改修速度で選ぶんだよ。改修できないSIerOSSは向いていないと思う。