akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

AI

僕が就職活動していたころは、

ちょうどAIの二度目の春で、AIの会社に面接を受けに行ったら、親会社にくればといわれ入った会社に「Lisp専用のハードウェア」があった。

ふつうに販売されていた」というほど、安くなかった(というか売れていなかった)。

子会社ではVAX-11でAIやっていますと説明されたのに、親会社ではVAX-11はメールサーバーになりさがっていたのは衝撃的だった。

そして、UNIX+Cの開発をさせてもらったけど、マイノリティであったことを後で知る。

「黎明期には実はLispがその役割を担っていました」ってPythonC++もなかったものw

 

P.S.

湯浦さんがCLOSの本を翻訳しいたことが発覚。

https://tech.dely.jp/entry/2018/12/22/104442