akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

とある日記のコメントより

とかく、日本語と英語の一対一の訳語を期待される中、少し共感できる。もっとも日本語の意味を説明するのに、英語を使わなければならないというのはちょっとさみしいが、ままある。主旨は、管理という日本語を英語では、1)Administartion、2)Management、3)Control とに使い分けているということであった。で、リスク管理といったばあいは、3)が適切ということでした。
この主張で、


ただ3)の Control という意味でリスク管理を行う場合、予測不能な事象に対する Control となるで、必ずトラブル対象からのフィードバックなどの情報が必要になります
という説明があることが私の日本語と英語の一対一の訳語を期待すべきでないという主義に一致してみょうに納得しました。
でもね。この場合のControlは制御ではなく、統制だと思うので、この方の全体の主張にには納得していませんが、説明の一文をつけるというころが大切だと思っています。