akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

パソコン通信とモデムの伝送速度

日経MIXのテストユーザだったので87年9月の開局以前から利用していたようだ。いくつかの草の根BBSで遊んだ後に、商用パソコン通信サービスを利用しようと思ったのは、幕張勤務になってから。IFTY-Serveに入会したのは1991年らしい。1,200のモデムを購入した特典で入会料金が無料だったから、とりあえず、入会したような気がする。
93年に転職の記念に先輩からいただいたのが2,400のモデム。その喜びもつかの間、94年には14,400bpsのモデムを購入。ちなみに、モデムの伝送速度は、ISPのアクセスポイントが主要都市に整備され始めた96年頃には28,800bps、翌97年頃には33,600bpsまで達し、同年には多くのメーカーが56Kbpsを発表していた。
そもそも当時は、NTT(電電公社)はNTTでメタル線は9600までしか技術的に不可能っていっていたし、RS-232Cも9600までしかサポートしていなかった。
でもね。2001年頃、Yahoo! BBなどのADSL事業が立ち上がり始め、すべては昔話になってしまった。ちなみに、当初はBBに申し込んでいたのだがいくらまっても音沙汰がないので、やめてしまった。そして、いまやADSLも過去のものになりつつあるが、我が家にはいつFTTHがやってくるのであろうか。なんかうちのマンションはKDDIじゃないとだめみたいで回線速度も遅いので放置中。