akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

ミシュラン東京版

が秋に出版されるそうです。これまた、飲むと話題になるけど(コモンズといっしよにしてはいけないな)、これだけ集合知が認識されていると、格付けって、肩書きに弱い人以外は無意味ですよね。でも、ミシュランに載っている店にいったということに価値を見出す人もいるということで出版されるわけですよね。そもそも私の周りは身を削って、もとい身を肥やして身銭を削って、店を探しているのでミシュランなんて相手にしていないのですが、このような知人に恵まれていると私も自分の感性で勝負しないとみたいなものを感じます。
#もちろん、お金を毟り取る檀家たちと付き合いは、味とかとは別世界です。もう浮世の義理ですね。
で、そんな知人がいないから、レストランガイドを買うんだという方に、以前も、書いたと思うのですが、ネット上のレストラン評価サイトを利用してください。もちろん、見当違いな評価とかノイズは多いのですが、手放しにスポンサーをほめているガイドブックより役立つと思います。利用の仕方のポイントは、ご自身の感性に近い批評者をみつけることです。うまくみつければ、ネット上の検索ロボットのようにご自身にあった店をみつけてくれることでしょう。