akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

マーケッティングとは

古い逸話らしいのですが

あるふたりの靴のセールスマンがアフリカに靴を売りに行った。ひとりは、靴をはいていないのでマーケットはないと判断した。もうひとりは、靴を履いていないのでマーケットは大きいと判断した。

なんとなく、マーケッティングとセールスの違いではないかと思った。で、後者はマーケットメイクを意識しているわけで、資生堂の中国進出は、まさに化粧の必要性からはいったわけで、この逸話の地で行っている気がします。これはのちのち語り継がれるでしょうね。