akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

新しいD2C

D2Cは、もちろん、"Direct to Consumer"だが、"Demands to Consumer"であるべきだと思う。産直は"Supplier to Consumer"。

銀宝を食べたいと思って、銀宝を釣っているだろう漁師をさがせたとして、一見にも売ってくれたとして、上物を回してもらえるかどうか良しあしを判断できるかなど課題が出てくる。さらに、無事手に入れて、ちゃんとてんぷらに揚げられるかという問題もある。

銀宝を食べたいというConsumerのDemandsを受けた飲食店が漁師(生産者)から市場(いちば)を通さないで、直接仕入れることで、コストを抑え、かつ店の特徴(従来の目利きだけでなく、調達能力)をだすことができる。
物流が発達し、デジタル化が進んだので、もう市場はいらないのかもしれない。ある意味での高機能物流。サプライチェーンを押さえるってこと。