akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

システムの設計と施工を分離する

20年くらい前にIBMで成功したからと大手SIerでやったんだけど、柔軟性に欠けてビジネスとしてはやっていけず、組織は1年で解体した。では、実際に行われていないかというと、零細な外注は施工を担当し、稚拙な設計の後始末おわれていたりする。で、この記事の
大切なことは、

「分離したら発注者は、設計と施工を結ぶ架け橋の役目を果たさねばならない」

ということだと思う。壁から投っぱしだったり、管理するだけじゃぁダメなんだよね。
これって難しいなぁ。でも、セカンドオピニオン方式より現実味はある。でもでも、soxに対応するには、セカンドオピニオン方式を確立しないとだめなんだよなぁ