akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

規模の単位

開発費用とか人月数は、確かに大きくなると複雑度が増すけど、小さくするためにも難易度が増すので、規模のメジャメントに向いていない。
#経験則として、規模の大きさと相関関係にあるので使われているに過ぎない
#ベテランのドンブリ勘定は侮れない
反対に、トランザクション数、同時ユーザ数などの非機能要件(機能外要件)は、大きければ大きいほど、難易度が上がるので、規模のメジャメントとして有効である。
Excel(web化していたとしてもね)とかで、業務が回っている会社と、かつてメインフレームが鎮座していた会社を同列には扱えない。開発方法論がどうしたこうしたとかの前に力ずくで解決できるかどうかの差と捉えてもいい。これを捉えるメジャメントはなんであろうか。やはり規模であり、非機能要件だと思う。