akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

タイムシェア・リゾートで暮らすハワイ

タイムシェア・リゾートで暮らすハワイ〈2006‐2007年度版〉 (LANI HAWAII BOOKS)
諸般の事情で時間ができたので、たまっていたDMを読みかえしています。そのなかで、不思議なビジネスモデルだなぁと思い、試算してみました。
プランはいろいろあるのですが、300万くらいの入会金を払って、年間10万円弱の会費を払えば、50年間くらい、マリオットホテルが世界各国に用意している専用リゾートに、毎年1週間宿泊できるというものです。
部屋は普通のホテルよりだいぶ広いので(日本人的に)、同等のホテルに宿泊した場合、1泊5万円として、1週間で35万円など。50年間で、1,750万円。
マリオット・バケーション・クラブだと、上記プランで800万円。おおよそ20年弱で元が取れるという計算。
つまり、たっぷり退職金をもらえる方が、60歳で定年退職して、80歳まで、バカンスできるということですが、年とってフライトはつらいなぁ。
所詮、貧乏人の尺度では、理解できないのですが、数十しかない専用リゾートに1週間宿泊できるより、世界中のいろいろなところに泊まりたい。
まぁ、毎年ハワイにいくような高給取りで、休みが自由に取れるハワイ好きの方とかには、向いているかと思ったけど、部屋数は限られているわけで、宿泊状況にあわせて、旅程を組むのって不自由ですね。

お金持ちってこんなものなんでしょうね。