akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉

闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉 (角川ソフィア文庫)
1392年南北朝が統一され、後南朝がうまれる

1441年 嘉吉の乱
1443年 禁闕の変
1457年 長禄の変
1467年 応仁・文明の乱
1891年 明治政府が南朝を正当と認める。

小倉宮恒敦
南朝最後の天皇である後亀山天皇の皇子。小倉宮家初代。
小倉宮聖承
小倉宮恒敦の子
小倉宮教尊
小倉宮聖承の子
小倉宮御息
→『大乗院寺 社雑事記』文明三年閏八月九日條に於いて「小倉宮御息」とのみ記述されている

護聖院宮
南朝系の世襲宮家の一つ。
後村上天皇の皇子で、後亀山天皇東宮(皇太弟)であった惟成親王を家祖

玉川宮
南朝系の世襲宮家の一つ。長慶天皇の皇子を家祖とする

長慶院(長慶天皇)
南北朝時代の第98代天皇南朝の第3代天皇
子に世泰親王海門承朝行悟、皇子某(玉川宮)がいる。