akon0.98bのよっぱらいの戯言

好客三年不変店 好店三年不変客

AIの雑談力

 

人間の会話の60%は雑談。

雑談は仲間であることの確認。価値観を共有して、協力関係を築くために雑談する。

雑談は第三者についての話題が多く、第三者について話すことで人間関係を調整する。

人間は相手がAIであっても雑談してしまう。

社会浸透理論→仲良くなる過程で、少しずつお互いに自己開示を深めていく。

 

ユーザの購買履歴よりも、雑談から得られる情報の方が多様。

 

雑談AIの構成

・手書きのルール

ルール記述用言語→AIML

・抽出ベース、検索ベース

→インターネット検索などの大規模なデータから発言を検索

・生成ベース

ディープラーニングを使って発言を作る

・統合手法

 

発話意図の理解

SWBD-DAMSL→スイッチボード・ダムスル

→事実の表明、相槌、受諾など42種類のタグ(カテゴリ)

ISO 24617-2

 

システム2ディープラーニング