akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

プロセスエコノミー

 

 

プロセスエコノミー

「プロセス・エコノミー」が来そうな予感です|けんすう

 

物質的な不足を経験していない世代(乾けない世代)は、幸せの五つの軸(達成、快楽、良好な人間関係、意味合い、没頭)のうち、良好な人間関係、意味合い、没頭に重きを置いている。

 

Self Us Now理論

・パブリック・ナラティブ

・コミュニティ・オーガナイジング

「story of self」(自分がここにいる理由)を語り、「story of us」(私たちがここにいる理由)を聴衆に投げかけ、「story of now」(今行動を起こすべき理由)を訴える。大統領候補の生い立ちという「他人の物語」から「自分の物語」へと変換させることによって人々を巻き込んでいったのです。

マーシャル・ガンツSelf Us Now理論のおかげでオバマは、大統領になれたらしいが、裏は取れなかった。

 

 

「役立つ」より「意味がある」へ

 

 

https://dhbr.ismcdn.jp/mwimgs/4/9/-/img_493731a71e2b2ff3b662941d779714c3254260.jpg

コトラーマーケティング理論のマーケティング4.0では
「機能価値」ではなく、「感情価値」や「参加価値」が増していくとしている。

 

あらゆるものは6Dになる→エクスポネンシャル思考
Digitized(デジタル化)
Deceptive(潜在的)
Disruptive(破壊的)
Demonetized(非収益化)
Dematerialized(非物質化)

 

感情脳に訴えるのはナラティブ。

 

シグネチャーストーリー

その企業・サービスを象徴するような際立ったストーリーを徹底的に打ち出せば、ブランドは顧客の心の底まで深く突き刺さる

 

勝者がすべてを制すから、Community Takes All(コミュニティを制する者がすべてを制す)へ

ファンの支持を強くするための三つのアップグレード

①共感→熱烈

②愛着→無二

③信頼→応援

 

脳の「島皮質」を鍛え、脳全体をバランスよく協調的に働かせることが、その人の人生を豊かに幸せにする。

「島皮質」を鍛えるひとつの方法は、利他の心を持つこと。

感謝

・恩恵的感謝

・普遍的感謝

effectuate(何かを引き起こす、目的や希望を達成する)

①Bird-in-Hand(自分の手の中にいる鳥)
②Affordable Loss(許容範囲内の失敗)
③Patchwork Quilt(パッチワークキルト)
④Lemonade(レモネード)
⑤Pilot-the-plane(飛行機のパイロット)

 

応援

・シンパシー

・コンパッション