akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

ソロモンの偽証

ソロモンの偽証 第III部 法廷
宮部みゆきには(わたしにとっての)あたりはずれがすごくある。しかも、あたりでも、前半はだらだらしていてつまらない。はずれかどうかどのあたりで見切るのかいつも悩む。本書はなんと三部作である。しょうがないので、二部から読み始めた。これはこれで正解だった。一部に戻って読んだけど、一部はいらない。宮部みゆきになれているならば、そして
ダラダラが嫌いならば、正直、三部だけ読めばいいと思う。さらにいえば、三部の後半1/3でもいいだろう。ファンはこのダラダラが好きなんだろうな。